NEWS

健康・スポーツ科学科の永田ゼミ4年生が、障害のある地域の子と家族を対象に開催している「ふれあい親子フィットネス教室」が好評です。

2012/11/08

 健康・スポーツ科学科の永田隆子教授ゼミの4年生15人が、障害のある子どもとその家族を対象にした「ふれあい親子フィットネス教室」を、4月から毎月第4金曜日に中央キャンパスの学術交流館で開催し、好評を博しています=写真=。11月16日に最終の教室が開かれます。

 10月27日に行われた今年度7回目の教室には、親子10組20人が参加し、ストレッチや二人組体操、リズムダンスに挑戦しました。

 この教室は、障害者の自立支援や、福祉にかかわる人材の養成を目的に今年度から実施されています。参加親子には、ゼミ生手作りの「スポーツ健康手帳」を交付。親子は自宅で腹筋、スクワットなどの運動に取り組み、スコアを手帳に記録することで、その効果が目に見えるように工夫されています。

 学生を指導する永田教授は「回を重ねるごとに、親子ともに活発になっていく様子が分かります。この教室が、基礎的な運動習慣を身に付ける良い機会になればよいですね」と話しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE