NEWS

「美しいキャンパスに感動しました」。本学と一般交流協定を締結をしている米・ワシントン州立大学の教育学部長らが、学長を表敬訪問しました。

2012/11/15

 本学と一般交流協定を締結している米国・ワシントン州立大学(以下、WSU)の教育学部長A.G.ラッド氏=写真左から2人目=ら5人が11月15日、本学を訪れ、糸魚川直祐学長=同左端=を表敬訪問しました。

 WSUは1890年の創立の歴史ある大学で、学生数は約2万6千人。200以上の専攻を有する、同州を代表する総合大学で、特に獣医学、工学、農学、薬学の分野では高い評価を得ています。約90カ国から留学生を受け入れており、日本の東京大学や国際基督教大学などとも協定を結んでいます。

 表敬訪問では、最初に糸魚川直祐学長が「これをきっかけに、教育・研究についてお互いに探究を深め、親交を深めましょう。キャンパスツアーで学生を見かけたら、どんどん声をかけて下さい」と挨拶。続いて、ラッド氏は山崎洋子・教育学科幹事教授らと情報交換し、同学科とWSUの教育学部の交流を深めていくことを申し合わせました。

 その後、一行は本学のキャンパスを見学。ラッド氏らは「公江記念講堂など学内施設の規模や美しさに感動しました」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE