NEWS

キャンパス内外はアートでいっぱい! 武庫女アートの特集など盛りだくさんな内容の武庫川女子大学通信「リビエール」第30号が発行されました。

2013/02/13

 武庫川女子大学のアートを特集した大学通信「リビエール」第30号(A4判、32ページ)=写真=が2月12日、発行されました。中央キャパス公江記念講堂地階やインフォメーションスクエア、薬学部講義棟1階、甲子園会館玄関など学内各所や、西宮市大学交流センター(西宮北口「ACTA西宮」東館6階)にも置いていますので、自由にお取りください。今月中に全ての学生の保護者へも宅配します。本ホームページの広報誌紹介ページからご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

巻頭では武庫女のアートを特集
 巻頭特集「武庫川美術感」では、東日本大震災以降注目されている、人と人をつなぐアートの力について考えました。学生の豊かな感性をはぐくむためにキャンパス内に設置されている20点以上のさまざまな芸術作品を紹介し、制作エピソードや作品の意図を解き明かします。また、学生・生徒が中心になって行われたアートを通じた地域活性化の取り組みを紹介し、武庫女に息づく美術精神の本質に迫りました。

地方自治体の幹部職員と琵琶奏者。ユニークな二人のOGを紹介
 OGインタビュー「夢のムコーガワ」のコーナーでは、奈良県立橿原考古学研究所副所長の稲村和子さん(1977年家政学部卒)と、筑前琵琶奏者の川村旭芳さん(1990年短大英文科卒)が登場。仕事をする上で大切にしていることや後輩たちへのアドバイスなど、就活中の学生必読の内容です。

2013年、注目の天体ショーは? 情報メディア学科の株本講師の研究室を訪問
 「ハロラボ-研究室、探訪-」のコーナーでは、天文学が専門の株本訓久・情報メディア学科講師の研究室を日本語日本文学科の学生2人が訪問します。株本講師が天文学の魅力や今年注目の天体ショーについて語ります。

 この他、広島県出身の学生が故郷の魅力について語る「ふるさとトーク」や、航空会社キャビンアテンダントに内定した学生の就活体験記など、今号も盛りだくさんの内容です。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE