NEWS

「グローバルな視野を持った自立した女性として、世界でご活躍ください」。大学、短期大学部の卒業式で、糸魚川学長が卒業生2818人に式辞を贈りました。

2013/03/21

 武庫川女子大学と同短期大学部の2012年度卒業式が3月20、21日両日に公江記念講堂で行われ=写真左=、大学・短大合わせて2818人に卒業証書・学位記が授与されました。
 卒業式の動画ニュースと、糸魚川学長の式辞全文を21日夕、本ホームページに掲載しました。

「いつまでも、青春の輝きの中にあってください」と式辞
 式では国歌斉唱に続いて、糸魚川学長が各学科の総代一人ひとりに「おめでとう」と声を掛けながら卒業証書・学位記を手渡しました=写真右=。糸魚川学長は式辞の中で「男女を問わず、自立した人、自立を目指す人は、他人の悲しみ、痛み、苦しみにともに心を動かし、困っている人を助けるため、手を差し伸べる人です。皆さん方が本学を卒業することを誇りとするのは、本学の教育・研究の水準の高さのみではありません。本学の卒業生、在学生が人のために尽くす心と実行力を持ち、それが伝統として74年の歴史に貫かれているからです」と、教育推進宣言に示されている自立することの大切さを説きました。
 最後に「学生時代は終わりますが、いつまでもいつまでも、青春の輝きの中にあってください。そして、本学院創立80周年への基本的な理念である『グローバルな視野を持った指導的女性』として、自立した女性として、世界でご活躍ください」と卒業生にエールを送りました=写真中=。

「今まで以上に輝き、自分が選んだ道に誇りを持てる人に」と答辞
 20日午前の短期大学部の式では、在学生代表の柳原沙耶さん(人間関係学科1年)が送辞を述べ、卒業生代表の関朝美さん(健康・スポーツ学科2年)が「大学時代をともに過ごした友人たちに今、あらためて『ありがとう』と感謝の気持ちを伝えたいと思います。再会の時には今まで以上に輝き、自分が選んだ道に誇りを持てる人になっていることを誓います」と力強く答辞を述べました。
 21日の大学の式では阿部優香さん(教育学科)と石山紗也華さん(食物栄養学科)が送辞を、城麻理奈さん(健康・スポーツ科学科)と伊藤あゆみさん(演奏学科)が答辞を述べました。
 
 式後、卒業生たちは、正門前で同級生や家族らと記念写真を撮るなどして、名残を惜しんでいました。

 本年度の学位記授与者数は以下の通りです。
○短期大学部 832人
○文学部 1082人
○生活環境学部 625人
○音楽学部 37人
○薬学部 242人
○大学院(博士) 5人
○大学院(修士) 119人
○音楽専攻科 4人

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE