NEWS

健康・スポーツ科学科教務助手の伊田美紗子さんらの論文が「日本健康体力栄養学会大会」で優秀賞を受賞! 伊田さんはシティマラソンで人命救助をし、神戸市からも表彰されました。

2013/05/24

論文が優秀賞を受賞
 健康・スポーツ科学科教務助手の伊田美紗子さん=写真=を筆頭演者とするグループの論文が、3月16日に大阪府立大学で開催された「第20回 日本健康体力栄養学会大会」で優秀賞を受賞しました。

 伊田さんが発表した演題は「有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせが運動中の総糖質・脂質酸化量に及ぼす影響~トレッドミルと自転車エルゴメーターの比較にについて~」。有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせが運動中の総糖質・脂質酸化量に及ぼす影響について、19~23歳の健康な女性13人を対象に、異なる運動様式であるトレッドミル(屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具)と自転車エルゴメーター(ペダル踏み運動器)で比較検討。自転車エルゴメーター群とトレッドミル群の各条件の酸素摂取量は、終始トレッドミル群が有意に高値を示したことから、運動プログラムとしては筋力トレーニングの後に大筋群を使う全身運動が有効であると考察しました。
 伊田さんは「今後も研究を続け、武庫川女子大学の講師を目指します。学生たちに関わっていきたいと思っています」と話しています。

人命救助で「花時計賞」を受賞
 さらに伊田さんは、1月27日に開催された「第23回六甲シティマラソン大会」で、他の市民ランナー4人と協力し、心肺停止状態になった男性ランナーを救命しました。この功績で、伊田さんら5人は5月7日、神戸市から「花時計賞(※)」が贈呈されました。救命された男性は現在、無事に社会復帰されています。

※花時計賞:神戸市長が市民の行った日常生活における身近な善行、その他表彰に値する行為を表彰し、善意を社会に広め、もって幸せな暮らしをつくる一助とすることを目的とする市民表彰。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE