NEWS

甲子園球場で武庫女デー。バトン・チアリーディング部が舞い、情報メディア学科の学生が制作した本学CM映像が大型画面で放映され、ラビーが始球式をしました。

2013/07/13

 阪神甲子園球場で7月13日夜に行われたプロ野球セントラルリーグ公式戦「阪神タイガースVS横浜DeNA戦」に本学が協賛、「武庫女デー」として、本学キャラクター・ラビーが始球式をするなど、様々なイベントを繰り広げ、約4万人の大観衆で埋まった球場を盛り上げました。

 このイベントは、本学が甲子園球場に最も近い大学であることをアピールしようと企画し、今年で5回目。試合前に、学生広報スタッフの八尾歩さん(情報メディア学科2年)と神領朋子さん(生活環境学科1年)がデザインした団扇1万5千本が観客に配られました。

バトン・チアリーディング部が華やかな舞いを披露
 バトン・チアリーディング部員9人は午後4時30分、球場外のイベント広場に設けられたステージでチアダンスを披露。午後5時45分にも1塁側外野芝生上でタイガースのマスコット「トラッキー」「ラッキー」「キー太」やファンの子どもたちと一緒に『Let's Go トラッキー』の音楽に合わせてダンスをし、球場を華やかに盛り上げました=写真右=。

丸山ゼミ生が制作した本学PR映像が球場大型ビジョンに
 午後5時59分、阪神の選手が守備に付いた後、球場の大型ビジョン(高さ6.4m、幅12.0m)に、情報メディア学科丸山健夫教授のゼミ生3年生14人が作った本学のCM映像が放映されました=写真中=。「60人の学生が、なりたい仕事を書いた紙を掲げて、『武庫女で薬剤師になる』『スポーツインストラクターになる』などと語り、最後はみんなの夢を乗せた紙飛行機が未来に向かって飛んでいく…」という、意識の高い学生が自分の夢をかなえようと頑張っている姿を表現した構成。1ケ月以上かけて完成させた力作です。

ラビーが投げたボールは…
 始球式には3年ぶりに本学キャラクター・ラビーが登板。ラビーが振りかぶって投げたボールはうなりをあげてキャッチャーミットに…とはいかず、清水捕手には届きませんでした。それでも、DeNAの先頭打者・石川選手のバットは空を切り、スタンドから大きな歓声と拍手が起こりました。投球後、ラビーは阪神のマスコットのトラッキーとラッキーと一緒に観客に手を振りながらベンチへ=写真左=。ラビーは3回裏の攻守交替時にもトラッキーらと一緒にグラウンドに登場し、観客に愛嬌を振りまきました。
 この日は30度を超える真夏日。毛皮に覆われたラビーは暑さに弱いので、3人の学生広報スタッフが交代でラビーの世話をしました。
 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE