NEWS

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と本学が連携協定を締結しました。

2014/06/24

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と大学との連携協定締結式が6月23日、早稲田大学の大隈記念講堂で行われました。

 この協定は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向け、大学と組織委員会がそれぞれの資源を活用し、オリンピック教育の推進や大会機運の醸成など大会に向けた取り組みを進めるため、相互に連携・協力体制を構築することを目的に結ばれました=写真左=。

 式には賛同した全国552大学・短大(6月23日時点)のうち267校が参加。組織委員会の森喜朗会長が主催者を代表して、「大学生のパワーを2020年の東京オリンピック・パラリンピックに注入していただきたい」とあいさつしました。大学を代表して、早稲田大学の鎌田薫総長が「東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、大学としても最大限の努力をしていきます」と述べました。フォトセッションでは出席した大学の代表者が6グループに分かれ、協定書を手に記念撮影が行われました=写真中=。

 続いて、「開催に向けて大学ができること」をテーマに記念シンポジウムが開催されました。組織委員会の武藤敏郎事務総長が基調講演し、オリンピック講座の開講や、スポーツをテーマにしたシンポジウムの開催、学内イベントにおける広報活動など大学との連携でできることについて話しました。体操の元日本代表で、組織委員会理事の田中理恵さんもパネリストとして登壇し、「ナショナルトレーニングセンターを見学する講座を開講するのはいかがでしょうか」など提案をしました=写真右=。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE