NEWS

鳥取県、ふるさと鳥取県定住機構と本学が、就職支援の連携協定を締結。学生のIJUターンをサポートします。

2014/07/22

 武庫川女子大学と武庫川女子大学短期大学部は7月22日、鳥取県、公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構と就職支援に関する連携協定を締結しました=写真。

 協定は、鳥取県の地域経済を支える人材の育成や確保を目的に、鳥取県出身者をはじめとする大学生に対する鳥取県での就職に関する情報などの提供や学生の就職活動の支援に関し、相互に連携するものです。

 中央キャンパス附属図書館のグローバルスタジオで行われた締結式では、平井伸治・鳥取県知事=写真左の前列中央、池上勝治・公益財団法人ふるさと鳥取県定住機構理事長=写真左の前列右、糸魚川直祐学長=写真左の前列左=が協定書にサインし、調印式に参加した鳥取県出身の本学学生10人と記念撮影をしました。

 糸魚川学長は「この協定は学生のみなさんにとって大きなプレゼントとなります。行政や公益財団法人という広い社会を知ることができ、勉強になります。協定を充実させてほしい」とあいさつしました。学生を代表して鳥取県出身の中村未希さん(文学部4年)が「地元から離れて改めて鳥取県の魅力に気づき、大学で得た学びや知識、経験を地元に還していきたいという思いが強くなりました」とあいさつしました=写真中。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE