NEWS

海苔メーカー「大森屋」と食物栄養学科がコラボレーション。「海苔レシピコンテスト」が行われました。

2015/04/18

 「大森屋×武庫川女子大学『海苔レシピコンテスト』」の最終審査が4月18日午後、本学の栄養科学館2階の調理実習室で行われました=写真右=。これは女子大生のアイデアで、食卓の脇役「海苔」の新たな可能性と良さを引き出すレシピ開発に挑戦するものです。49組の応募の中から、一次審査を通過した15組が実際の調理を行い、最終審査に臨みました=写真中=。

 開会式では瀬口和義副学長が「栄養や調理の知識で食べる人を思いやる調理をし、美しく盛り付けられた料理に期待します。企業とのコラボ企画に参加することは、社会貢献の練習にもなります。頑張ってください」と挨拶。続いて50分間の調理時間で、各チームが工夫したレシピを形にしました。
 審査員は調理中の学生の様子を見回り、完成した料理を試食のあと採点と審議を行い各賞が決定、結果発表と表彰式が行われました。

各章受賞者
 【最優秀賞】佐藤加織さん(食物栄養学科2年) 肉のり巻き
 【優秀賞 】松原奈美さん(食物栄養学科2年) デコポン!?大福風ロール
 【準優秀賞】武澤翔賀さん、宗元侑子さん、西口郁帆さん、藤田麻衣さん(食物栄養学科2年) えだ豆とカニカマの海苔生春巻き~アボガドソース添え~
 【あて海苔特別賞】岩本文香さん(食物栄養学科4年) 海苔パイ
 【おにぎらず特別賞】中野藍さん(食物栄養学科4年)クロックムッシュ風おにぎらず

 最優秀賞を受賞した佐藤さんは「断面のきれいなお寿司の海苔巻きから発想しました。巻く材料をアスパラだけにし海苔の風味を生かしました。また肉が硬くならないよう酒蒸しにしたことで、幅広い世代にも食べやすいという評価につながりました。他のレシピに比べて地味なので、受賞できると思っていなかったので嬉しいです」と話しました=写真左=。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE