NEWS

心理・社会福祉学科の社会福祉コースが「在学生・卒業生のつどい」を開催。

2015/07/23

 心理・社会福祉学科の社会福祉コースの「在学生・卒業生のつどい」が7月11日、中央キャンパスで開かれ、福祉現場や民間企業などで働く卒業生46人と社会福祉を学ぶ学生1~4年生、短大1~2年生計65人が参加しました=写真左=。

 このつどいは、在学生が社会で活躍する卒業生から仕事の様子、やりがい、国家試験対策や就職活動の方法などを聞いて”学びのモチベーション”を高めるとともに、卒業生同士も交流を深めてもらおうと企画され、今年で9回目となりました。
 最初に社会福祉コース長の岡光昇・同学科教授に続き、茅野宏明・同学科長があいさつ=写真右=。卒業生が高齢者福祉、地域福祉、障害者福祉、児童福祉、病院、公務員など職種別のコーナーに分かれて座り、それぞれの分野に関心のある学生が卒業生から話を聞くという形式で行われ、学生は20分間ごとに、別のコーナーに移ることで様々な職場の実態を知ることができました。

 参加した学生は「交流会に参加して福祉の仕事につきたいという気持ちが強まった」「就活や公務員試験、実習、卒論など貴重な話をたくさん聞かせていただきました。親身になって相談にのってくださるので嬉しかった」「先輩の話を聞くとパワーをもらえる」などと話し、大きな刺激を受け有意義な時間を過ごせました。

 第2部では、卒業生のホームカミングデーを行いました。参加した卒業生は「様々な職業について聞けて勉強になった。みんな頑張っているのを聞いて自分も頑張ろうと思えた」「同期や先生方との交流の場があることが大切だと思う。来年もぜひ参加したい」などと懐かしい話に花を咲かせ、終始アットホームな雰囲気の中、閉会しました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE