NEWS

コンピュータ利用教育学会の学会賞論文賞を白井詩沙香助教と福井哲夫教授が受賞しました。

2015/09/18

 論文「数式自動採点システム STACK における数式入力方法の改善」を共同で執筆した生活環境学科の白井詩沙香助教=写真右=と情報メディア学科の福井哲夫教授=写真左=が、コンピュータ利用教育学会の2015年度学会賞論文賞を受賞しました。

 近年,数学eラーニングのオンラインテストにおいて、解答を数式で入力でき、その自動採点ができるシステムが注目されています。しかし、分数や根号など,数式をコンピュータで入力することは煩わしく、学習者が解答を入力する際の課題となっています。この研究では、初学者でも簡単に数式入力ができるよう新たな数式入力インタフェースを提案し、その有用性を教育実践により評価しました。

 同賞は、同学会誌またはこれに準ずる刊行物に論文を発表し、コンピュータ利用教育の発展に独創性および将来性をもって寄与したと認められる者に授与されます。授与式は8月21日、富山大学で開催された同学会全国大会のPCカンファレンス内の総会で行われました。

 受賞した二人は,「よりよい教育環境の構築をめざし,今後も研究に精進していきたい」と話しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE