NEWS

「第5回武庫女ビブリオバトル」が催され、8組の学生たちが書評合戦を展開しました。

2015/11/18

 学生による知的書評合戦「第5回武庫女ビブリオバトル」が11月18日夕、中央図書館2階のグローバル・スタジオで開催され、8組9人の学生が書評合戦を展開しました=写真右=。コーディネーターの河内鏡太郎附属図書館長をはじめ、学生、教職員約150人が集まり、出場者のプレゼンテーションに見入りました。

 この武庫女ビブリオバトルは、2011年度から始まった本学の読書活動プロジェクト「Lavyの扉」の一環として開催されています。発表者が5分間で各自が選んだ作家の本を紹介。パワーポイントを使ったり、作品の一節を朗読したり、各自が工夫を凝らしてお勧めの1冊を思いを込めて紹介し、その後会場の質問に応えてさらに作品の魅力を伝えました。
 
 8組の発表の後、聴衆が挙手し最優秀賞1組、優秀賞2組が選ばれました。

 最優秀賞には、小野不由美『月の影 影の海(十二国記)』を取り上げた針生瑞貴さん(附属高校3年)が選ばれました=写真左=。針生さんは「最優秀賞をいただけると思っていなかったので、びっくりしました。ありがとうございます。プレゼンや人前で話すことにはまだまだ不慣れですので、これからも精進したいと思います」と話しました。
 優秀賞は山村瑠美さん(日本語日本文学科4年)の北川恵海『ちょっと今から仕事やめてくる』、上田友理さん・足立なるみさん(心理・社会福祉学科1年)の阿川佐和子『残るは食欲』が選ばれました。

★発表者/エントリー作品(発表順)★
1.吉岡沙織さん(心理・社会福祉学科3年)/伊坂幸太郎『グラスホッパー』
2.松下晴菜さん(演奏学科2年)/アンネ・フランク『アンネの日記』
3.針生瑞貴さん(附属高校3年)/小野不由美『月の影 影の海(十二国記)』
4.山村瑠美さん(日本語日本文学科4年)/北川恵海『ちょっと今から仕事やめてくる』
5.上田友理さん・足立なるみさん(心理・社会福祉学科1年)/阿川佐和子『残るは食欲』
6.千葉絵梨菜さん(英語文化学科2年)/青木公ほか『グローバル8つの物語:国際協力の足跡を追って』
7.堀内遥さん(教育学科2年)/坂本光司『日本でいちばん大切にしたい会社』
8.天野真有さん(附属高校3年)/柳浩太郎『障害役者:走れなくても、セリフを忘れても』

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE