NEWS

ホームカミングデー「鳴松会の日」に卒業生が一堂に会し、脳科学の第一人者の川島隆太氏が「脳を知り 脳を育む」と題して講演しました。

2007/05/27

 卒業生が一堂に会するホームカミングデー「鳴松会の日」の行事が5月27日に行われ、脳科学の第一人者の川島隆太・東北大学教授が「脳を知り 脳を育む」と題して、公江記念講堂で記念講演をしました。
 
 記念講演会の前に、マルチメディア館で行われた役員会・総会では、会計や事業計画・予算案などが報告・説明されました。

 続く記念講演は、卒業生、学生、附属中学・高校の生徒や保護者、市民ら約1400人が参加。川島氏は頭脳の仕組みを分かりやすい言葉で解説した後、高度な脳の活動をつかさどる”前頭前野”を刺激するには、日頃からどのようなことに気を付けて実行すればよいのかを説明しました。

 「前頭前野を活性化する方法は、大きく三つあります。一つ目は簡単なものの読み書きや計算を1日5分でよいので、毎日続ける。二つ目は会話や旅行などで、コミュニケーションをとる機会を持つ。三つ目は料理や楽器演奏などで手や指を使う。これらのことを心掛けて実践することで、誰もが前頭前野に刺激を与えることができます」

 川島氏らの研究グループは、今後もこれらの研究を継続、発展させ、高齢者と子どもたちがつながりを持てる社会づくりなども目指しているとのことです。ユーモアを交えながら、スライドを用いた分かりやすいお話に、参加者は興味深そうに聞き入っていました。

 また、今回の新企画として学院を紹介するDVDの放映、中央キャンパスと上甲子園キャンパス(建築学科)の施設見学なども行われ、キャンパスは卒業生や一般の方で大いににぎわいました。

 恒例の卒業生と現旧教職員との懇親会では、参加希望者が多数のため、2つの会場に分けて行うほどの大盛況でした。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE