NEWS

大学 日本語日本文学科、短期大学部 日本語文化学科の学生が、アジア・アフリカ・欧州・中南米各国の外交官らと交流しました。

2016/12/27

 大学 日本語日本文学科の1・2・3年生と短期大学部 日本語文化学科の1年生42人が12月23日、今年9月から日本語の研修のため来日しているアジア・アフリカ・欧州・中南米各国の若手外交官20人と日本語による多文化交流会を行いました=写真左=。

 学生と外交官らは5~6人のグループに分かれ、それぞれ日本語で自己紹介=写真右=。最初はお互いに緊張していましたが、「伝言ゲーム」など日本語のコミュニケーションゲームをすることで会場は笑いに包まれ、和やかな雰囲気になりました。外交官らは9月から国際交流基金関西国際センターで日本語の研修を受けていますが、来日3か月とは思えないほど表情豊かに、様々な話題について日本語で学生の質問に答えていました。

 上田和子教授は「3年のゼミ生たちは、この日のためにリハーサルをするなど準備に余念がありませんでした。多様な文化や言語背景の外交官らゲストを迎えて、初めて気付かされたことも多かったようです。1・2年生にとっては初めての経験でしたが、積極的に参加していました。日本語教育学を学ぶ学生にとっても、日本語を学んでいる外国人の方々にとっても、心に残るひと時になったようです」と話しました。


 大学 日本語日本文学科と短期大学部 日本語文化学科では、様々な科目を通じてコミュニケーション能力を高めるための実践的な活動を行っています。
 今回の交流会に参加したのは、「演習Ⅰ」(大学3年生ゼミ、上田和子教授担当)、「日本語教材研究Ⅰ」(大学2年生の授業、野畑准教授担当)、「異文化間コミュニケーション」(大学1年生の授業、上田和子教授担当)、「日本語のしくみ」(短期大学部1年生の授業、野畑准教授担当)の受講学生有志です。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE