NEWS

「武庫女の魅力」をテーマに、学生がプレゼン。共通教育科目「成果を上げる協働力」の最終報告会で

2017/02/18

 共通教育科目の「成果を上げる協働力」(後期・谷口節子非常勤講師)の最終報告会が1月23日行われ、受講学生が「武庫女の魅力」をテーマに、プレゼンテーションを行いました=写真右。

 授業は、社会人として仕事をしていくうえで求められる「課題解決力」を身に付けることを目的に、学生がPBL型授業によって、チームワークを発揮して協働力を高めていく演習を行っています。学生は4つのチームに分かれ、魅力の定義や武庫川女子大学の魅力、それを誰に向けて、どのように発信していくかを、各グループが仮説を立て、在学生や卒業生、企業などへのアンケート調査を行うなどして検討をしてきました。

 プレゼンテーションでは、「ガイバー」、「ミキティ」、「Sea5ans(シーサンカン)」、「大can do it」の各チームが、授業、クラブ活動、ボランィティア、文化祭など、学生にとって勉学や課外活動などを充実させることが、本学の魅力につながるという提案を行いました。

 最終選考会には、教育開発支援室、広報室の職員、前期授業の参加学生らが、各チームの発表内容、協働力、プレゼンテーション力を審査=写真中=、チーム力、プレゼンテーションの見せ方や説明のわかりやすさ、時間の正確さなどの評価から「ガイバー」=写真左=を1位に選びました。
 同チームは、魅力とは「楽しさ」と定義し、約330人の学生にアンケートを実施し、半数が「楽しいと言い切れない」と回答したことを踏まえ、友人作りのきっかけなどにするため、クラス担任制、共通教育、文化祭の見直しや積極的参加を呼びかけました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE