NEWS

生活環境学科、生活造形学科の学生が附属幼稚園児が描いた絵をもとに洋服を制作、「キッズドリームウェア ファッションショー」を開催。

2017/02/22

 附属幼稚園の園児が描いた絵をもとに、生活環境学科、生活造形学科の学生たちが仕立てた洋服を披露する「キッズドリームウェア ファッションショー」が、2月21日午後、附属幼稚園の遊戯室で行われました。
 2004年~2008年に神戸ファッション協会の主催で開催された「キッズドリームウェア」は、2011年に生活環境学科が卒業研究として取り組み、2012年以降は附属幼稚園と連携して行われています。

 今年は附属幼稚園 さくら組 21人の5歳児のデザイン画を元に、生活環境学科2~4年、生活造形学科2年生の学生有志約40人が制作した洋服を、デザインした子供たちが着て3,4歳児や保護者が見守るランウェイを歩きました。それぞれの洋服を制作した学生が「飾りに綿をつめて、立体感を出す工夫をしました」「デザイン画と同じ色の襟にこだわりました」「子供服づくりははじめてで、サイズ感などに苦労しました」「誰かのために洋服を作る喜びを感じました」など工夫や感想を話し、最後に園児と一緒にポーズを決めて会場の注目を集めました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE