NEWS

お姉さんと英語を話そうー。教育学科の学生17人が6月22日、西宮市立上ヶ原小6年の英語の授業のお手伝いをしました。

2007/06/22

 本学教育学科の2年生17人が6月22日、西宮市立上ヶ原小学校を訪問して、6年生の英語の授業にアシスタントとして参加しました。

 1時間目から4時間目まで、各時間6~7人の学生が教室に入りました。4時間目は6年3組。上ヶ原小ALTのディビッド先生の「Let’s start ENGLISH!」という元気な掛け声で始まった授業では、児童は6つの班に分かれ、そこに学生が一人ずつ付きました。子どもたちは“大学生のお姉ちゃん”に対し気軽に質問を投げかけ、学生は丁寧に答えていました=写真=。

 参加した黒木真梨奈さん(大学教育学科2年)は「子どもたちの意欲と飲み込みの速さに驚きました。次回も参加したいです」と話し、指導した同学科の北口准教授は「学生たちは5~7月に上ヶ原小学校で英語の授業を経験し、9月からのMFWI留学ではアメリカの小学校での教育を経験します。学生は両国の教育を比較し、そこから何かを得てほしいですね」と話していました。

  この日の午後にはディビッド先生が本学を訪れ、教育学科のフォート・ライト留学事前研修で、英語の教育法について学生に話しました。

 学生が同小を訪れるのは5月に続いて2回目で、次回は7月に行われます。中央教育審議会が小学校で英語を必修化する方針を打ち出したことから、各小学校は英語の教え方を模索しています。学生が授業に加わることで、児童は英語に親しみ、学生も英語の教え方を学ぶという新しい試みとして注目されます。

 本学では教育学科の学生が、2年生秋に米国スポケーン市にあるアメリカ分校(MFWI)へ4カ月間留学して、英語とアメリカ文化や教育の現状を学ぶことができるプログラムを用意しています。このプログラムに参加する学生たちは、スポケーン市のフィンチ小学校と上ヶ原小学校の姉妹校にビデオレターを届けるなどして親善の橋渡しをしています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE