NEWS

女優の菊川怜さんらが、女性の感性について熱く語り合いました。建築学科新校舎・竣工記念シンポジウム開催!

2007/07/21

 建築学科新校舎竣工記念シンポジウム「女性の感性と建築 ―未来のアーキテクトたちへ― 」(主催:武庫川女子大学、後援:読売新聞大阪本社)が7月21日午後、新校舎「建築スタジオ」1階イーストスタジオで行われ、パネリストの女優の菊川怜さんらが女性の感性について熱い思いを語り合い、抽選で選ばれた観客約300人は聞き入りました=写真左=。

 岡崎甚幸・建築学科長のあいさつに続いて、建築家の横浜国立大学大学院教授の山本理顕さんが「建築をつくることは未来をつくることである」と題し、基調講演をしました=写真右=。山本さんは「建築は歴史と深く関わっています。文化を世界に発信し、未来に手渡していくという役割があるのです。今、教育でもそうですが、標準化という力の中で、どう個性や地域の特性を表現し伝えていくのかが大切です。建築家はこれまで歴史の中で新しいモデルを作ってきました。現在の考えを未来に伝えていくもの、未来の人々に渡していくもの、これが建築を作るうえで大切なものです」と、ご自身の作品を紹介しながら、ソフトな口調で語りました。

 パネルディスカッションは、パネリストは女優の菊川怜さん=写真中の左から2人目=、建築家の永山祐子さん=同3人目=、建築学科非常勤講師で華道家の笹岡隆甫さん=同4人目=、大井史江・建築学科准教授=同右端=、コーディネーターは本学英文学科の卒業生でフリーアナウンサーの海附雅美さん=同左端=という華やかな顔ぶれ。

 最初に甲子園会館と建築スタジオの感想を聞かれた菊川さんは「うわっ、羨ましいなって思いました。こんな素敵なところで毎日、キャンパスライフを楽しみ、勉強して青春を謳歌出来るなんて、すごく素敵なことだと思いました」と大きな瞳を輝かせて、話しました。

 ディスカッションのテーマは「女性の感性を建築に生かす 建築家に求められるもの」。男性中心と言われる建築の世界で女性の感性を生かすことについて、各パネリストが自身の経験を交えながら述べました。
 永山さんは「女性というのは、ひとつの個性だと考えています。説明をするのではなく、建築を見る人が、それぞれ自分の答えを見いだせるよう、何か考えるきっかけになれればと考えながら建築に取り組んでいます。建築は年齢を重ねても、学びながら取り組んでいけるものです。建築家を目指す皆さんは勇気をもって一歩を踏み出してください」と建築を学ぶ学生にエールを送りました。
 笹岡さんは「いけばなでは、花の良さを引き出すことが私たちの役割と考えています。最終的に残ったものが個性だと思います。花をいけるということを通して、他者への思いを学んでほしい。いろいろなことを感じ取れる視点を忘れず、それを建築や自分自身の生きるヒントにしてほしいですね」と、いけばなを例に他者への思いやりの大切なことを強調。
 大井准教授は「学生たちは、自分の力を出し切ろうと学んでいます。学生のうちから本物に触れ、長い目でみて自分の財産になるものをつかんでください」と学生を激励。
 菊川さんは「仕事で建築をみるとワクワクします。建築は未来に残っていくもの。環境になじみ、多くの人に愛される建築、未来のために素晴らしい建築を創っていただきたいと期待しています。私も皆さんの話を聞いていて、デザインしたくなりました」と語りました。

 その後の質疑応答では、建築学科の学生の「建築は街の風景を作ると思います。作るうえでどういったっことを考えなければならないのかを教えてください」という質問に対し、永山さんが「自己満足で作ってはいけない。私は、場所や求められるものは何か、建物の役割などの情報をできるだけ得るようにしています。答えはなく、ある道筋に沿ってだんだんと出来上がっていくと思います」と答えました。
 最後に山本さんが「私は、社会の大きな枠組みを考えるのが男性的、日常の細かなことを考えられるのが女性的と感じています。日常の些細なところに革命の目はあります。それが世界を変えてきました。些細なことから発見できる人が、感性の鋭い人でしょう。これからは、男性にもそういった意味で女性的な目を持たないと建築は作れないでしょうね」と締めくくりました。

 参加者はメモを取ったり、頷いたりして熱心に聞き入り、最後は会場は大きな拍手に包まれました。
 シンポジウムの司会は広報室の山下由美子さんが務めました。
 ※シンポジウムの詳しい採録は、読売新聞8月5日付朝刊(大阪本社発行)に掲載されます。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE