NEWS

動画を公開しました!「第54回体育祭」を開催。恒例の応援合戦は大学食物栄養学科が3連覇しました。コスチュームは大編成部門で短大健康・スポーツ学科、小編成部門で大学健康・スポーツ科学科が優勝しました。

2018/06/12

「第54回武庫川女子大学体育祭」(主催:武庫川女子大学・武庫川女子大学短期大学部学友会)が5月19日、20日に行われました。今年のスローガンは「いま、翔舞の瞬間(しょうぶのとき)~Get the win~」。

今年から2日間とも中央キャンパスで開催。1日目の19日は公江記念講堂で開会式、バトン・チアリーディング部の演技に続き、応援合戦が行われました。午後はクラス対抗の、「ドッジボール大会」「バドミントン大会」の予選が行われました。

第54回体育祭 動画はこちら

 

この日のメイン種目は恒例の「応援合戦」。各学科から選出されたメンバー約50人が元気よく演技して、学科を盛り上げる名物種目です。6チームが講堂の舞台上で、工夫を凝らしたパフォーマンスを行いました。グラウンドで行っていた昨年までより観客までの距離が近く、迫力ある演技に満員の観客席からは大きな拍手と歓声があがりました。学生・教職員による審査の結果、生活環境学部 食物栄養学科が優勝、3連覇を果たしました=写真=。2位は短期大学部 健康・スポーツ学科、3位は文学部 教育学科でした。

【応援合戦が朝日新聞に掲載】

5月23日の朝日新聞阪神版で、当日の様子やその歴史が紹介されました。

6月4日には、朝日新聞デジタルで当日の演技や練習風景が動画で掲載されました。優勝チームの食物栄養学科への取材記事も併載されています。

 

20日午後には、恒例の「コスチューム」が行われました。大編成部門では短大健康・スポーツ学科が優勝し、準優勝は薬学部(薬学科・健康生命薬科学科 合同)と文学部教育学科が同点2位でした。小編成部門では大学健康・スポーツ科学科が優勝しました。

 

体育祭は1965年から開催され、今年で54回目を迎えました。学生が主体的に企画・運営し、全学的に行われる体育祭は、全国でも珍しいと言われています。本学は「社会に貢献できる女性の育成」という教育目標のもと、2011年、「自立した学生を社会に送り出すため、主体性・論理性・実行力を培う女子教育に教職員一丸となって取り組みます」という教育推進宣言を行いました。体育祭は学生の主体性・論理性・実行力を培う、教育推進宣言の実践の場となっています。また、女性の活躍が求められる時代に、学生だけで作り上げる体育祭には、社会で必要とされるリーダーシップやチームワークを育む絶好の機会となっています。さらに、学生が体育祭を通して、競技するのはもちろんのこと、応援したり、観戦したりして、スポーツに親しむことが、大学スポーツの振興にもつながっています。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE