NEWS

情報メディア学科丸山ゼミの3年生14人が制作した自作動画が、地元CATVで放映されます。(第3弾)

2018/06/22

生活環境学部情報メディア学科丸山健夫教授のゼミ生3年生14人が、地元CATVベイコムの情報番組で、西宮のおいしいかき氷のお店を紹介。ロケハンから実際の撮影や出演、そして編集まで、すべて自分たちで行い、約5分の動画にまとめて、スタジオで披露しました。

 

【放送予定】

放送局 : ベイ・コミュニケーションズ

放映地区 : 尼崎市、西宮市、伊丹市、大阪市西部

番組名 : ほっとネットベイコム

放送日 : 6月22日(金) 16:45, 19:45 / 6月23日(土) 11:45 / 6月24日(日) 11:45 / 6月25日(月)19:45 / 6月26日(火)12:00

 

ベイ・コミュニケーションズのサイトへ

 

【ゼミ生の感想】

黒木郁実さん「自分たちで企画や撮影、編集まで行い、大変でしたが、チームで一つの作品を作るということにとてもやりがいを感じました。この貴重な経験で学んだことを今後のゼミ活動に生かしていきたいと思います」

 

藤井玲実さん「私は今回初めて食リポに挑戦しましたが、どうしたら美味しそうに見えるのかを食べ方や言葉の使い方で表現するのがとても難しかったです。その後の編集も納得いくものを作るのに時間をかなり割きましたが、満足いくものが作れました。この貴重な経験を今後のゼミ活動、また将来に繋げていきたいです」

 

長束のぞみさん「今回、企画から撮影、編集を全て自分たちで行うという大変貴重な経験をさせていただきました。撮影の段取りを前もって考えておく大切さや、編集の難しさなど、改めて知ることができ、プロの凄さを実感しました。これからも視聴者に観てもらいやすく、しっかり内容が伝わる良い映像を作っていけるよう頑張ります」

 

山下依純さん「今回もたくさんの経験をさせていただきました。指揮をとる立場として私が迷い、判断が遅いとそれが影響してしまい、スムーズな撮影が行えないことを特に学びました。今回は不測の事態が多々あり、混乱することもありましたが、何とか伝えたいことが伝わる映像を作ることができて良かったと思っています。ここで学んだことを活かし、これからの映像制作に役立てていきたいと思います」

 

植原弥央さん「撮影するたびに、ご協力していただいた店の方のご好意や笑顔に触れました。あたたかい気持ちになるとともに、いいものを作らなければいけないと感じました。私たちが少し手間取ると、そういった周りの方に全て影響してしまうという責任感も感じました。活動を行う上で周りの人への目配りや気遣いの大切さをよく学びました。これからも学んだことをいかし、より視野を広げて活動していきたいです」

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE