NEWS

選手の体力特性に応じたトレーニング効果を研究し、論文に著した健康・スポーツ科学科の坂井和明講師が、日本体育学会の学会賞を受賞しました。

2007/09/11

 文学部 健康・スポーツ科学科 講師でバスケットボール部コーチの坂井和明先生=写真左=らが執筆した論文「球技スポーツ競技者における個別性の原則を考慮した体力トレーニングの効果(体育学研究第51巻第1号21頁~32ページ)」が、9月5日から7日まで神戸大学にて開催された日本体育学会第58回大会で今年度の学会賞に選ばれ、筆頭筆者の坂井講師に学会賞=写真右=と賞金が授与されました。
 同学会は全国で6500人以上が会員登録しているマンモス学会で、優秀な論文や著書を対象に、毎年、学会賞1編と奨励賞1編を選出して表彰しています。

 本論文は、バスケットボールチームを例に、全員に同一トレーニングを実施した場合と、別性の原則を考慮したタイプ別トレーニングを実施した場合における、持久力に対するトレーニング効果を比較検討しています。チームスポーツの指導現場で実際に問題とされている個人の体力特性に応じたトレーニングの実施に焦点を当て、効果的なトレーニングの手順を示したことが評価されました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE