NEWS

短期大学部から編入した生活環境学科の学生3人が、試験対策講座を活用して二級建築士試験に合格しました。

2019/01/22

生活環境学科3年の上野紗菜さん、山下奈美さん、竹内真由さん=写真左から=の3人が二級建築士試験に合格しました。いずれも本学短期大学部生活造形学科から大学生活環境学科3年次に編入し、短大卒業により取得した受験資格を生かしての合格です。本学では2009年度の短大生活造形学科入学生からは実務経験がなくても受験資格を取得できるようになりました。

 

3人は、短大入学時から大学への編入を目指していました。大学への編入が決まり、短大2年生の9月から、学内の資格サポート窓口で申し込める対策講座を受講し、学科試験、設計製図試験に臨み合格しました。

竹内さんは「対策講座が12月に終わり、引き続き1月から毎週日曜日の講座を受講し勉強を続けました」上野さんと山下さんは「3年生の4月から短期講座に申し込んで、毎週日曜日、1日12時間、8回の講習で勉強しました」と、集中した受験対策について話しました。

二級建築士は、住宅および一定規模までの建築を設計する際に必要な国家資格で、本年度も最終合格率は25.5%という難関です。

 

これから就職活動に臨む3人は「住宅の設計やデザインの仕事がしたいです」「住宅・商業施設の設計もしたいですが、室内の空間デザインに魅力を感じています」「大きな商業施設や集合住宅の設計を手掛けられるようになりたいです」と将来を見据えています。さらに一級建築士への挑戦も視野に、勉強を続けていきたいと話しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE