NEWS

音楽学部の岡部祐希さんが、全国青森県民謡コンクールで、津軽小原節の部で優勝、王座決定戦で準優勝を受賞しました。

2019/03/08

第15回全国青森県民謡コンクール大阪大会(青森県郷土芸能協会主催)が2月23日に箕面市立市民体育館で行われ、本学音楽学部演奏学科2年の岡部祐希さんが、津軽小原節の部で優勝、そして全7部門の優勝者で競う王座決定戦で準優勝を果たしました。

 岡部さんは5歳ごろ祖母の影響で民謡に出合い、小学生の時から師匠に付いて本格的に学び始めました。中学生で津軽民謡に出合い、三味線の師匠にも付き勉強を続けています。本学の演奏学科で学ぶ西洋の音楽との共通点も見つけられたらと民謡の勉強との両立を続けています。
今回受賞を果たした全国青森県民謡コンクールには、少年少女の部門から出場しており、津軽じょんから節の部で優勝、さらに王座決定戦で優勝したこともあります。昨年も、津軽小原節の部で出場し優勝。今年の優勝に続き、部門での二連覇となりました。

 出身地である兵庫県の播磨町のふるさとPR大使も務める岡部さんは「民謡の先輩方もたくさん出場される大会で、一番の成績を残せたと思います。今でも舞台で歌うときは緊張しますが、十分な練習を積んで大会に合わせて調整ができたときは、結果もついてくるように思います。できれば来年も出場し、津軽小原節の部での三連覇と王座決定戦での優勝を目指したいと思います」と話しています。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE