NEWS

教育学部、学校教育センター研究部門設置記念シンポジウム「女子大学の教師教育を創る」が開催されました。

2019/05/25

武庫川女子大学教育学部、学校教育センター研究部門設置記念シンポジウム「女子大学の教師教育を創る」が5月25日、メディアホールで開催されました。

 

2019年4月、文学部教育学科が改組し、本学7番目の学部として教育学部がスタートしました。さらに同月、学校教育センターは研究部門を設置して、新たに附置研究所として発足しました。

 

シンポジウムでは、学校教育センター長の田中毎実教授が基調報告を行い、「同センターの研究部門は、女子大学と連携し教師教育に関する情報ネットワークを構築します。本学の教員養成や教員採用試験に関する調査を行い、より質の高い教師教育の在り方を提案します」と説明。また女子大学の教師教育が直面する課題や現状を報告しました。

 

教育学部長の矢野裕俊教授は同学部の設置の経緯や必要性について触れ、教科指導力や国際的視野など「強み」を持った教員、現代の教育課題へ対応できる「強さ」を持った教員になれるように学生を育てたいと話しました。

 

続いて、同志社女子大学の加賀裕郎教授、京都女子大学の村井尚子教授、日本女子大学の田部俊充教授が報告しました。また、奈良女子大学の西村拓生教授、関西学院大学の岡本哲雄教授がコメントを述べ、最後に全員でパネルディスカッションを行いました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE