NEWS

文学部 心理・社会福祉学科社会福祉コースの在学生・卒業生のつどいが開催されました。

2019/08/01

文学部心理・社会福祉学科社会福祉コースの「在学生・卒業生のつどい」が7月20日の午後開催されました。昨年度に引き続きグローバルスタジオを会場とし、福祉現場や民間企業などで働く卒業生33人と社会福祉を学ぶ学生1~4年生計53人が参加しました。在学生が、社会で活躍する卒業生から仕事の様子、やりがい、国家試験対策や就職活動の方法などを聞いて不安の解消や学びへのモチベーションを高めるとともに、卒業生同士も交流を深めてもらおうと企画され、今年で13回目となりました。

 

はじめに社会福祉コース長の堀准教授の挨拶。卒業生と在学生の交流がスタートしました。

卒業生が公務員(児童・福祉・一般)、病院、障がい、学校・児童、一般企業、高齢者福祉、精神保健福祉、地域福祉など職種別のコーナーに分かれて座り、それぞれの分野に関心のある学生が卒業生から各職場の実態を聞くという形式で行われました。

 

参加した学生は「先輩方から貴重なお話を聞けて参考になった」「より一層社会福祉コースに進みたいと思った」「卒業生から話を聞ける機会は少ないため、様々な分野のお話を聞くことができて良かった」「来年OGとして、後輩たちに良い話ができるよう、今一生懸命何事にも頑張りたい」などと話し、大きな刺激を受け、有意義な時間を過ごせたようでした。

 

第2部では卒業生のホームカミングデーを行いました。参加した卒業生は「学生時代を振り返ることができた」「学校に戻ってくる良い機会となった。楽しかった」「同期や先生方に会えて嬉しかった」「来年もまた来たい」と懐かしい話や近況に花を咲かせ、終始アットホームな雰囲気で、盛会のうちに閉会しました。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE