NEWS

情報メディア学科 大森ゼミの学生が、第9回 日中韓観光大臣会合 日中韓未来世代フォーラム「日中韓大学(院)生アイデア公募展」に日本代表として参加し、「奨励賞」を受賞しました。

2019/09/26

 去る831日、9 日中韓観光大臣会合 日中韓未来世代フォーラム「日中韓大学(院)生アイデア公募展」に日本代表として参加した情報メディア学科大森ゼミの学生3人(奥田結菜さん、大野涼佳さん、安永かのんさん)が、提案書部門で奨励賞を受賞しました。

 

 829日にフォーラムの開催地である韓国・仁川市に入り、口頭発表は831日でした。その間には日韓中の大臣との晩餐会や学生交流のための催し(K-POPダンス体験、お菓子作り)があり、思っていたような緊張感はなく、楽しく過ごしました。その間も、時間を見つけて最後の最後までプレゼンテーションの練習に励み、口頭発表の日を迎えました。

 3か国から各10組、全部で30組の口頭発表が順次行われていきます。3人の出番は最後の方で、長い時間が過ぎていきました。審査員は同時通訳で発表者の言葉を聞きながら審査をしています。

 いよいよ出番になり、緊張するかと思いましたが、前に立つと意外と落ち着いていました。大森先生のアドバイス「第一声で審査員を引き付けること、ゆっくりはっきり話すこと、身振り手振りをいつもより大きくすること」を念頭において臨みました。トップバッターの大野さんの「みなさーん!」という大きな声に、下を向いていた審査員がビクッと驚いて3人に注目しました。会場の空気が変わり、いつも以上に大きく動けたと言う大野さん。その波に乗るように2番手の奥田さん、安永さんと続き、今までの中で最高のプレゼンテーションができました。

 

 3人は、フォーラムを振り返り、「奨励賞だったけど、練習以上の力を発揮できたので悔いはなく、素晴らしい経験ができました」「人前に立って話すことが怖くなくなりました。こんな風に話したらもっと伝わるなど、プレゼン力が磨かれたと思います」「夏休み中にも関わらず、私たちのためにとことん付き合ってくださった大森先生に感謝しています」と語りました。

 

 フォーラム出場前の記事(2019/8/1)はこちらから

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE