NEWS

武庫川女子大学で建築学を学ぶ学生が「まちたびにしのみや」の案内役を務めました。

2019/10/28

「まちたびにしのみや2019 甲子園モダニズム建築探訪」(西宮観光協会主催)の参加者の方々が10月26日、甲子園会館(旧甲子園ホテル)を訪れました。

「甲子園モダニズム建築探訪」は、「まちたびにしのみや」がスタートした平成24年(2012年)から人気のコースで、今回も定員30人に対し2倍以上の応募がありました。

 

参加者は、大洲暉実さん(大学院建築学専攻修士課程2年)、中澤京さん・野中遥子さん(建築学科4年)のガイドで、約90分間にわたって館内を一巡しました。泉水~西ホール(ホテル時代の大宴会場)~地下アトリエ(ホテル時代の主厨房)~テラス~南庭園~建築スタジオ屋上~ラウンジ~2階応接室(ホテル時代のカードルーム)~屋上~アートショップ(ホテル時代のバー)などを巡り、一般の見学会では普段立ち入ることがない地下アトリエと建築スタジオ屋上も見学しました。地下アトリエは、建築学科1年生が陶芸やフレスコ、テンペラ、瓦の制作に取り組むところであり、参加者は作業机に並べられた作品を感心しながら眺めていました。テラスでは、スタジオ1(ホテル時代の大食堂)を窓から興味深くのぞき込んだり、寺社建築で用いられる組物について案内の学生に尋ねたりしていました。

 

見学後の楽しみは食堂でのランチ。案内の学生も参加者と一緒にテーブルにつき、昼食を共にしながら、大学生活や授業内容に関する活発な質問に答えていました。また、昨年放映されたNHKの朝ドラ「まんぷく」のロケ地としての甲子園会館の話題でも盛り上がりました。

 

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE