NEWS

「甲子園会館の持つ本物の力は絶対です」。映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の山崎監督がテレビ番組のインタビューで語りました。

2007/10/23

 甲子園会館で10月21日午後に開かれた映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会とトークイベントの様子が翌22日夕、ABCテレビ番組「NEWSゆう」で放映されました。

 番組では映画の概要を紹介した後、山崎貴監督にインタビュー。山崎監督は甲子園会館をロケ地に選んだ理由を「(映画ではコンピューター・グラフィックスを駆使しているが)本当にあるところ、実在するものを撮りたいというのが本音でした。本物の持つ力は絶対で、バーチャルなものは勝てません」と説明しました=写真は甲子園会館で撮影した一場面、中央は主演の吉岡秀隆さん=。

 トークショーでは、小岩井美紀さん(生活環境学科4年)が「映画の題名のように、不変の家族とか人の愛を映画の中に見ました」と話し、坂西陽子さん(生活環境学科1年)が「塾とかに行って、勉強ばっかりしている子供たちに見てほしい映画です」と感想を述べるところなどが映されました。

 そして、番組の最後は「この映画が世代を超えて共感を得るのは、この建物(甲子園会館)のたたずまいのように、時代を経ても変わらない何かがあるからです」という言葉で締めくくられました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE