NEWS

「学生の交流の機会をもっと作りましょう」。セント・マーチンズ大学の学長が本学を表敬訪問しました。

2007/11/19

 本学と交換留学協定を結んでいるアメリカ、セント・マーチンズ大学のダグラス・アストロフィ学長=写真右側=が、11月19日午後、本学を表敬訪問しました。

 アストロフィ学長は、大河原量・理事長=同左側=や國友順一・学長と会談し、教育学科の出野務・学科長、小野賢太郎・准教授、崎山ゆかり・講師も同席しました。会談では、主にセント・マーチンズ大学をベースに25年間行われている本学・教育学科の研修プログラムについて話し合われました。アストロフィ学長は、このプログラムが夏季休暇期間中に行われる研修ということを踏まえて、「今後は、教育学科の研修プログラムにもセント・マーチンズの学生を参加させるなどして、両大学の学生たちが意見交換などの交流がもっとできるような機会を作りたい」と話しました。

 また、教育学科の学生だけでなく、交換留学生もセント・マーチンズ大学に派遣されていることから、「武庫川女子大学の学生から、私たちが学んでいることも多い。感謝しています」と話し、「両方の大学の協力があってこそのパートナーシップですね」という言葉を受けて、大河原理事長も「これからも、発展させていきましょう」と話しました。

 将来的には、セント・マーチンズ大学にも、大学院課程(教育、ビジネス、エンジニアリング・カウンセリング)があることから、大学院レベルでの交流も可能にしていきたい、と今後の両大学間の相互発展につながるような意見が交わされました。

 会談後、アストロフィ学長は、中央キャンパス内や甲子園会館を見学しました。

 セント・マーチンズ大学は、アメリカ・シアトルから約80kmのところにあり、368エーカー(甲子園球場約180個分)という広大なキャンパス内で約1600人の学生が学んでいます。2003年に本学と交換留学協定を締結して以来、9人の学生が本学から交換留学生として派遣されています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE