NEWS

タッチフットボール部が見事、3年連続3度目の日本一!! 1月3日の「さくらボウル」で社会人王者と激突し、大接戦を制しました。

2008/01/04

 女子タッチフットボールの全日本王座を決定する「第13回さくらボウル」が1月3日、東京ドームで開催され、「武庫川女子大学GenTLeBReeze」が、社会人王者の「関西AWILLIZE」を19対13で破り、3年連続3度目の日本一に輝きました。最優秀選手には、大町愛選手(大学健康・スポーツ科学科4年)が選ばれました=写真は優勝カップを掲げて喜ぶ部員=。

 さくらボウルは、学生と社会人それぞれのチャンピオンチームが、日本一をかけて戦う試合です。本学GenTLeBReezeは、11月に行われた東西大学王座決定戦「プリンセスボウル」で優勝し、3年連続で出場しました。

 第1クォーターで先制した本学ですが、その後に相手の猛攻にあい第3クォーターでは13対13の同点に追いつかれました。しかし、最終第4クォーターの試合終了3分前に大町選手から合田選手へのタッチダウンパスが成功。勝ち越し点をあげて相手を突き放し、19対13で見事に勝利しました。

 小柴知子・タッチフットボール部キャプテン(大学健康・スポーツ科学科4年)は「本当にハラハラドキドキの気の抜けない試合でした。武庫川の代表として、そして学生の代表として、自信を持ってプレーできました」と話しています。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE