NEWS

アメリカ分校に留学した教育学科の学生が西宮・上ヶ原小で、姉妹校の米・フィンチ小を紹介しました。

2008/02/16

 アメリカ分校(MFWI)に昨年9月~12月に留学していた教育学科の学生たち19人が2月16日、西宮市立上ヶ原小学校で行われた「上ヶ原祭り」に参加し、同小の姉妹校であるスポケーン市立フィンチ小学校を紹介する展示を行いました。この上ヶ原祭りは、保護者や校区に住む方々に小学校を開放するイベントで、教育学科の学生は昨年に引き続き参加しました。
 
 学生たちが展示を行った教室は、星条旗や風船で飾り付けられ、祭りが始まると同時に多くの児童が訪れました=写真右=。教室内は4つのコーナーに分かれ、地球儀の中からアメリカを探す「アメリカはどーこだ?」=写真左=や、ハロウィーンの衣装を身に付ける「へんしーん(変身)!」などがあり、4つのコーナーすべてを回った児童には賞状と賞品が贈られます。子どもたちが楽しみながらアメリカや文化に触れることができるように工夫されていました。また、学生たちがアメリカから持ち帰った、フィンチ小学校児童からのメッセージカード約50枚も展示されました。

 学生たちはMFWI留学組の中から「上ヶ原実行委員」を組織し、この日のために準備をしてきました。学生たちをアメリカに引率した北口勝也・教育学科准教授は「フィンチ小学校からのメッセージを届けるという約束を無事、果たすことができました。将来、幼稚園や小学校の教員を目指す学生たちに、このような行事を通した国際理解教育の方法を学ぶいい機会となったと思います」と話していました。

 学生らは2月19日・21日にも上ヶ原小学校を訪れ、フィンチ小学校からのビデオレターや手紙を紹介します。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE