NEWS

子育ての女性を支援し、保育園の待機児童の解消にひと役―。武庫川女子大学附属保育園が開園、新入園児77人の歓声が響きました。新聞3紙に掲載。

2010/04/02

 武庫川女子大学附属保育園の開園式と第1回入園式が4月1日午前、完成したばかりの新しい園舎で、77人の新入園児を迎えて行われました。
 ※入園式の新聞記事と写真は、神戸、産経、読売各新聞の4月2日付朝刊阪神版に掲載されました。

 入園式で糸魚川学長はまず子どもたちに向かって「よく来てくれました。ここはすごく楽しいところです。遊び道具もいっぱいあるし、おいしいご飯もありますよ。ここで、みなさん元気で楽しんでくださいね」と優しく呼びかけました。その後、付き添いの保護者には「ようこそいらっしゃいました。本学は22年間で3000人近くの保育士を送り出してきましたが、今回初めて附属の保育園を持つことができました。保育園は、保育士を養成する役割とともに、長年お世話になっている、地域の皆様方にお役に立てればと考えています。園にはフレッシュな保育士、ベテラン保育士、栄養士、看護士をそろえてお待ちしています」とあいさつしました=写真右=。

 続いて、中原とし子・園長から各クラスの担任が紹介され、担任が新入園児を紹介しました。また保育士による手遊びやペープサート(紙人形劇)、歌で楽しんだ後、子どもたちはクラスに分かれて遊びました=写真中と左=。

 女子総合学園である本学院は、社会進出を図る女性や子育て中の母親を支援するとともに、保育園の待機児童が急増している地域のニーズに応えるため、西宮市の新設保育所運営法人等の募集に応募し、2009年2月に同市から市内初の学校法人立の保育所として選定されました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE