NEWS

「第7回日台文化交流青少年スカラシップ」作文部門で、日本語日本文学科2年の野田茜さんが優秀賞を受賞。台湾に研修旅行し、若者らと交流しました。

2010/04/22

 日本と台湾の若い世代の相互理解と交流を目的とした「第7回日台文化交流青少年スカラシップ」(主催・フジサンケイビジネスアイ、産経新聞社、共催・台湾行政院新聞局)で日本語日本文学科2年の野田茜さん=写真左=が優秀賞を受賞しました。3月23日に行われた表彰式の後、受賞者は研修団として台湾に出発し、現地で多くの人と触れ合いました。

 同スカラシップには、作文、絵画、書道、マンガなど、1078点の応募があり、野田さんは「台湾で思う存分やってみたいこと」と題した作品で作文部門に応募し、優秀賞を受賞しました。

 研修旅行では、李登輝元総統を表敬訪問した際に「窓から見た台湾」という題の自作の和歌を献呈。また、東呉大学を訪れて、学生の自宅でホームステイを経験するなど、現地の人々と積極的に交流しました=写真右・前列左端が野田さん=。

 野田さんは作文の中で「台湾の詩人による漢詩を、現地の人々に文化や詩が書かれた背景などを教えてもらいながら勉強したい」と記しました。帰国後は「また台湾に行きたいと思います。もっと漢詩を交えて、台湾の方々と関わることができたらうれしいです」と話しました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE