NEWS

フィリピン人青少年訪日団が来学し、英語文化学科の学生ボランティアグループが自分たちで企画した交流プログラムで歓迎しました。

2010/04/23

 「21世紀東アジア青少年大交流計画(JENESYSプログラム)」で来日したフィリピン人青少年訪日団の大学生23人が4月22日に来学し、英語文化学科の学生ボランティアグループ・MEC(Mukogawa English Community)が自分たちで企画・準備した交流プログラムで歓迎しました。

 JENESYSプログラムに携わったMECメンバー19人は、日本国際協力センター(JICE)に協力してもらい、2ヶ月ほどかけて、フィリピン人青少年団の研修が有意義なものになるよう準備してきました。研修生らは三つのグループに分かれ、本学ネイティブの先生による「Reading WritingⅡ」の授業を英語文化学科の学生と一緒に受けたり=写真右=、研修生らが感謝のしるしにフィリピンの伝統的なダンスを披露したりするなどしました=写真中=。

 その後、研修生が日本でのホームステイを楽しめるようにと企画された「ホームステイ・オリエンテーション」が開かれました。JICEとしては、これまでホームステイに関するオリエンテーションを行っていませんでしたが、昨年に初めてMECメンバーが実施したところ、大好評だったので、全国的に定期的に行うことになりました。
 
 オリエンテーションでは、「おはよう」「ありがとう」「おやすみ(なさい)」などの簡単な日本語のあいさつや、食事の時には「いただきます」「ごちそうさま」と言うことなどを紹介=写真左=。また、「アレルギーで食べられない」「宗教で食べられない」など研修生の状況に応じた表現も取り上げました。ほかにも、自己紹介の仕方やお風呂、トイレの使い方を説明しました。研修生からは「浴槽には、何分間ぐらい入るのですか?」などの質問がありました。

 フィリピン人研修生らは4月22日から26日まで関西に滞在し、MECメンバーのサポートで書道体験や下水処理場(神戸市東灘区)の見学などを楽しみます。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE