NEWS

シドニー五輪・テコンドー銅メダリストの岡本依子さんが、カヌー部員にトレーニング方法を指導しました。

2010/05/17

 シドニー五輪のテコンドー女子67kg級銅メダリスト岡本依子さん=写真右=が5月15日午後に本学中央キャンパスを訪れ、カヌー部員らに約2時間にわたって、テコンドーの動きを取り入れたストレッチやウォーミングアップ方法を指導しました。

 岡本さんは選手引退後は、テコンドーの技を取り入れたエクササイズを指導しています。カヌー部OGでアテネ・北京五輪日本代表の鈴木祐美子さんが五輪仲間の岡本さんに指導をお願いし、この日のトレーニングが実現しました。

 第2体育館トレーニングルームに集まった岡本さんとカヌー部員15人、鈴木さんらは最初の30分間、音楽に合わせてエクササイズを行いました。その後、二人一組になって相手のお尻を先に触ったほうが勝ちになるゲーム=写真左=や、声を出して気合いを入れる練習を行いました。部員たちは岡本さんに質問するなどしながら熱心にトレーニングに励んでいました。

 指導を受けた部員らは「違う競技の動きは、練習の良い刺激になりました」「テコンドーは思っていた以上にハードなので、驚きました」と汗を流していました。カヌー部員の突きや蹴りの練習を見守った岡本さんは「選手たちのパワーはすごい。今すぐにも、テコンドー競技で通用しそうです」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE