大学院NEWS

建築学専攻修士1年生 建築設計総合演習I「スペースフレーム組立て体験」を行いました!

2015/05/29

 建築設計総合演習I の第2課題「地球環境に配慮した組バラシ自由な建築」の第2週です。本課題では、組立て解体が可能なスペースフレームを用いて原寸大モックアップの組立て体験ををもとに、スペースフレームによる空間と木製ブロックによる柱や壁を中心として、各自で材料や構造や構法を考えながら建築の設計を行います。なお本演習は、建築設計技術演習 I(構造/環境設備/施工)と連携して進められます。
 5月25日は、全員で協力して直径約5mのドームの制作を行いました。部材ごとに手分けをして組み立てた後、先に頭頂部周辺を組み立てクレーンで吊り上げ、外周部を組み立てて一体化させ、ドームを完成させました。最後にドーム全体をクレーンで吊り上げ、木製ブロックによる柱と接合し、直径約 5m、中心部で高さ約3mの空間を構成しました。スペースフレームの屋根と木製ブロックの柱によって原寸大の空間が自分の目の前で立ちあがっていく様を体験すると共に、模型とは異なり、段取りを考えながら組み立てていかなければいけないことを学びました。
 5月27日、29日は、スペースフレームの模型を用いて各自の設計案を検討しました。今まで経験してきた多くの課題と異なり、今回の課題ではスペースフレームと木製ブロックという材料が決められているため、これらの特性を活かした空間を考えることが必要です。
 詳しい様子は、建築学専攻ホームページをご覧ください。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE