NEWS

健康・スポーツ科学科の「スノースポーツ実習」が始まりました。長野県・志賀高原スキー場からのレポートを健スポ.comに掲載中。

2011/02/24

 大学健康・スポーツ科学科と短期大学部健康・スポーツ学科の授業「スノースポーツ実習」が2月20日に長野・志賀高原で始まりました。大学と短大あわせて150人が参加し、25日まで行われます。期間中は連日、同学科のホームページ「健スポ.com」内の健スポNEWSで、現地から実習の様子をお届けします。

 この「スノースポーツ実習」ではスキーの特性や技術、指導法を学ぶ授業です。スキーの技術だけでなく、5日間の合宿を通して団体行動・団体生活のあり方も学びます。

 学生たちは、20日にスキー場に到着。21日から、昼はゲレンデでのスキーをし=写真=、夜は宿舎で本学教員による講義を受けています。

 実習初日から晴天に恵まれ、学生たちは24日に行われまる実技試験に向け、ターンなどの技術向上に励んでいます。三井正也准教授は「最初はぎこちなかった滑りもだんだんと安定してきました。初めてスキーをする初心者もすっかりスキーヤーに変身しました」と学生の上達の早さに感心していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE