NEWS

食物栄養学科・食生活学科の学生3人が「第一回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」のお弁当部門で優秀賞を受賞しました。

2014/11/04

 10月19日に東京の後藤学園 武蔵野調理師専門学校・7号館で実技審査が行われた「第一回 チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」(公益社団法人 日本糖尿病学会)のお弁当部門で、高島千佳さん(食物栄養学科4年生)、山崎千裕さん(食生活学科2年生)、田中愛梨さん(食物栄養学科4年生)=写真左の左から=が優秀賞を受賞しました。

 5月に応募を決め、食物栄養学科の福田也寸子准教授ゼミ生の4年生6人に短期大学部食生活学科の2年生3人が加わり、全員で糖尿病について学びレシピを考えました。レシピ考案にあたっては「制限があっても満足感の得られるもの」「減塩を意識し、酢・カレー粉・香辛料などを活用」など工夫をこらしました。
 高島さんは「地産地消も意識して、兵庫県産の黒豆のご飯にしました。歯ごたえがあって満腹感も得られる上、黒豆を入れたのでご飯の色がきれいな紫色になってよかったです」と話しました。審査では「梅干を加えることで、ポリフェノールの効果を高められ、彩りもよくなるでしょう」とアドバイスを受けました。

 お弁当部門のレシピが二次の実技審査に進むことになり、他の部門に応募していたメンバー全員が協力しました。指導した福田准教授は「産地に材料を調達に行ったり、食器を選び持ち寄ったりし、9人の力で優秀賞を受賞することができました。今回の件は、ゼミ活動の一環として取り組みました。学生は自分たちの役割を理解し、患者さんの気持ちになって考えてくれました。これらのプロセスが良い勉強になったことと思います」と喜びを語りました。

 今回参加のメンバー=写真右
前の左から:高嶋千佳さん(大食)、山崎千裕さん(短食)、福田准教授、高木助手、田中愛梨さん(大食)
後ろ左から:森なつみさん、大黒真奈さん、岩田絵理花さん(大食)、中筋加奈子さん、椋本裕子さん(短食)、西馬美樹さん(大食)

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE