NEWS

“教育の武庫川”で学んだ、新たなリーダーたちが母校に集まりました。この春に小学校の校長や園長に昇進した卒業生の「鳴教会 昇進者祝賀会」開催。

2007/06/23

 この春に小学校の校長や教頭、園長に昇進した本学の卒業生の「鳴教会 昇進者祝賀会」が6月23日、公江記念講堂会議室で開かれました。

 出席したのは兵庫県、大阪府、奈良県の小学校校長9人と教頭2人、幼稚園園長2人の合計13人。國友順一学長や今安達也副学長、同窓会である鳴松会の幹事長らが同席し、教育界の新たなリーダーの誕生をお祝いしました=写真=。

 今安副学長は「教員は女性にとって、最高の職業ではないかと思います。本学は教員養成に長い歴史があり、非常に力を入れていますが、皆さんのご昇進は後輩たちの励みになることと思います。厳しい環境の中で昇進されたことは本当にうれしいことです。一層のご活躍を心からお祈りいたします」と祝辞を述べました。

 神戸市立藍那小学校の大岸啓子校長は昇進者を代表して「武庫川女子大学出身の先生方が残してくださった足跡を汚すことなく、後に続く後輩の見本となるように、心して取り組んでまいりたいと思います」と熱意を込めてあいさつをしました。

 昇進者の一人ひとりに、学長から記念品が贈呈された後、会食・歓談の時間に。13人それぞれが、大学時代から現在までの周囲の人々への感謝の気持ち、子どもたち・教育に対する思いや抱負などを語りました。

 「現在勤務している小学校の歴代4人の校長のうち、2人が武庫川出身で、今も陰となり日なたとなって支えてくださっています。今年からは、管理職を目指している後輩を後押ししています。これらのご縁も、本学で学んだおかげと思っております」

 「これまで、女性としては初めて市の教育委員会に入ったり、初めて若くして教頭になったりしました。校長となった今、これからも“いつも明るく、元気に、笑顔で”をモットーに、頑張ってまいります」

 「このような祝賀会を開いてくださる学院のお心遣いに感謝申し上げます。今後も友人、先輩や後輩とのつながりを大切に、精一杯努めてまいりたいと思います」

 4月1日現在、本学で把握している兵庫県、大阪府、奈良県の昇進者は校長・園長20人、教頭7人、教育委員会関係1人の合計28人です。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE