NEWS

企業の寄付講座「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」が栄養科学館で開かれ、食物栄養学科の教員らが発酵食品について講演、人気の塩麹を使った料理を指導しました。

2013/01/22

 クリナップ株式会社による寄付講座「キッチンから笑顔をつくる料理アカデミー」が1月21日、栄養科学館で開催され、応募した主婦ら約20人が受講し、今話題の調味料・塩麹を作りました=写真左=。

 午前中に、食物栄養学科の松井徳光教授が「発酵食品の不思議な世界」と題して講義、ヨーグルトや納豆、味噌、漬物などの発酵食品の効用や、塩麹が出来るまでの過程や、なぜ塩麹を使うと美味しく仕上がるのかなどを説明。続いて同学科の前田佳予子教授、鞍田三貴准教授が講師を務め、塩麹を使った家庭料理「塩麹焼きそば・サーモンの塩麹ムニエル・野菜の塩麹漬け・塩麹アイス」=写真右=を作りました。

 この実習には同学科4年生の学生と大学院の学生もアシスタントとして参加しました。参加した一般の方は「自宅からこの会場に到着するまで2時間かかりましたが、その甲斐あって、とても楽しく勉強が出来ました。家でも実践したいです」と、感想を話しました。

 自分たちで作った塩麹がお土産として手渡されると、参加者から笑顔がこぼれました。松井徳光教授は「栄養科学館をもっとたくさんの人に知ってもらい、今後はこのような機会をたくさん設けて、一般の方との交流の場にしたいです」と話していました。

MUKOJO SNS

  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のFacebook
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のtwitter
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のLINE
  • 武庫川女子大学 武庫川女子大学短期大学部のinstagram
CLOSE