ロゴ

2022.5.13 現在

教員情報詳細

三好 庸隆(ミヨシ ツネタカ)
ミヨシ ツネタカ 三好 庸隆 Tsunetaka Miyoshi
所属名称

生活環境学部 生活環境学科

資格

教授

学位

博士(工学), 工学修士, 工学士

研究分野

都市環境デザイン学・ニュータウン学・建築計画学

キーワード

都心・郊外再生、ニュータウン計画、エリア・マネジメント、団地再生、まちづくりソーシャルデザイン、住宅地計画、建築設計

社会貢献活動

地域創生を目的とした地域芸術祭<のせでんアートライン>発案及び実行委員長(2013年~), 明舞団地再生及びそれに関する研究を目的とした研究者ネットワーク<明舞再生塾>の提案及びメンバー, 大阪梅田ロータリークラブ会員としての社会貢献活動(大阪府支援学校生のプロ野球観戦への招待。阪大サッカー部と連携してのサッカー体験教室など)

ホームページ

武庫川女子大学 三好庸隆研究室

PPI計画・設計研究所

メールアドレス
  • 三好庸隆
  • t_miyoアットマークmukogawa-u.ac.jp
教育研究業績書

https://www.mukogawa-u.ac.jp/gakuin/gyoseki/pdf/id_72195.pdf

Ⅰ.大学受験生の皆さんへ Ⅱ.大学院進学を希望する方へ Ⅲ.共同研究について Ⅳ.講演、執筆等について

Ⅰ.私が所属します生活環境学科及び短期大学部生活造形学科は、身近な生活を取り巻く環境(衣服に関連する環境や住まい、まちに関する環境など)について学ぶ学科です。私はそのような学科で、住まい、建築、まちづくりについて教え、研究しています。日本は世界の先進国と比較して経済や技術はトップクラスなのですが、生活環境については必ずしもトップクラスとは言えません。またこれから日本は人口が減少し、高齢化が進み、成熟社会を迎えます。そのような中で、生活環境はどうあるべきかを考えていく、たいへん重要で面白いし、職業としても期待される分野です。
Ⅱ.三好研究室では大学院生を歓迎します。私の専門分野から研究テーマは、住環境、ニュータウン研究、建築計画系が中心です。
Ⅲ.三好研究室ではニュータウン関連、まちづくり関連の研究活動を行っています。この分野は学際的なところがありますので、健康系、福祉系、データ分析系の研究者との共同研究を歓迎しています。現在健康まちづくりをテーマに健康系研究者と共同研究を行っています。
Ⅳ.講演や執筆等のご依頼については、いろんな出会いを歓迎していますので、予定が重なっていない限りできるだけお受けしています。テーマは、ニュータウン再生、まちづくり、大学教育、などでお受けしています。

キーワード検索

選択しているジャンル

選択をクリア

選択されていません。